minimalistische Küche von 高橋直子建築設計事務所

「コンパクトなキッチン」を作る、あるいは「広く見せる」か

Orie Kojima Orie Kojima
Loading admin actions …

「小さいスペース、限られたスペースをどう居心地よくするか?」。これは家作りにおいて多くの人が抱える問題でしょう。 この記事の中でご紹介するのは、そういった「なぜ狭さが気にならないのか」 「どんな工夫のされたコンパクトなキッチンがあるのか」 などをほんの少し、ご紹介させていただきたいと思います。

開放感を感じさせるキッチン

富田健太郎建築設計事務所のこちらのキッチンは大きな窓がそばにあり、ダイニングスペースもつながっていることで狭さをあまり感じさせません。 このスペースは白を広く使っており、床の色も暗くない木の色を使用していることから 開放感を感じさせるキッチンを作り出しています。 キッチンを家の中のひとつのスペース、という風に区切らずに、ダイニングから つながっているような、フラットに考えて作られているような、そんな軽やかな発想の印象を 受けます。

水周り等をコンパクトにまとめる

高橋直子建築設計事務所によるこちらのお家は仕事で忙しい建主とその愛犬のための家だそうです。地裁家でも水周り等をコンパクトにまとめることで他の部分にゆとりある広さを確保しています。 黒、白。グレーで全体的にまとめられている全体にあわせるように 黒の大理石などが使われています。暗い色を使っているコンパクトなスペースにも関わらず、 狭さよりもむしろ広がりを感じます。 それはおそらくこの真っ白の広い大きな壁に天窓から広く差し込む光、 そしてまるでそこから切り取ったかのような大きな窓からの光が反射しているからでしょう。

空間の広がりを感じさせる

moderne Küche von TERAJIMA ARCHITECTS
TERAJIMA ARCHITECTS

オブジェのようなアイランドキッチン

TERAJIMA ARCHITECTS

TERAJIMA ARCHITECTSによるこちらのキッチンも大きな窓と、それに向かって流れるようなラインを感じる床の合板の向き、 壁の色などによって空間の広がりを感じます。 ここで料理をするのが不思議なようにも感じられるほどスタイリッシュなキッチンの仕上がりです。 スペースとしては狭いですが、台を大きくし、その中に収納をとることで後ろの収納スペースや 食器棚を置くスペースを必要とせずにコンパクトにまとまり、台所として使わないときは 本当にインテリアのような佇まいを見せています。 このキッチンと共にモダンなキッチンもいくつかご紹介いたします。

キッチンの収納術

一級建築事務所 IIE DESIGN によるiie design モデルハウスから、キッチンの収納術についてご紹介したいと思います。 収納の中のものはよく取り出すことも多いため、お掃除も頻繁にすることでしょう。 こちらの収納では、それぞれがコンパクトにまとまっており、掃除のときもすぐにとりだして サッとお掃除ができそうです。 容器が白で統一されていることも、爽やかさと収納場所でよくある、 ごちゃごちゃ感を避けています。

フラットにみせる

小泉設計室によるこちらのキッチンも最初にご紹介したキッチン同様、あまりスペースの境目をつくらない設計になっています。 こちらのお宅は実は北側が豊かな借景で南側が3階建ての隣家によりあまり採光ができないとのこと。 そういった条件下をまったく感じさせない、この設計は見事に広く光を取り入れています。 棚と床の調子を合わせ、フラットにみせることでコンパクトに見えています。

すっきりとした印象のキッチン

FAD建築事務所によるこのキッチンは、シンプルなテーブルとキッチンのテーブルを合わせることで非常にすっきりとした印象を感じます。 もしかしたら収納は左サイドの上部にも分けられているのかもしれません。 こういったダイニングとキッチンを合わせて設けることで、まとまったスペースを確保し、 収納を分散させ、コンパクトに見せることができるのかもしれません。

一枚板で、食卓とキッチン

moderne Küche von IBC DESIGN
IBC DESIGN

​チ-クの1枚板で出来たキッチンと食卓

IBC DESIGN

IBC DESIGNによるこちらの木立の家のキッチンは外観と共に林の中を感じるような雰囲気で作られています。 チークの一枚板で食卓とキッチンができているというコンパクトさですが、 この内観の雰囲気でそのコンパクトさはむしろ広いスペースを設けるより 合っているのかもしれません。 キッチンの中が下がった造りになっているのは、向かい側の食卓が掘り込みになっており、 床に腰掛けられる設計になっているからです。

合理的な形と架構を追求

株式会社リオタデザインによるこちらのトンガリの家のデザインはキッチンだけではなく家全体としても興味深いデザインが施されています。 この三角敷地のプランニングに当たって、「この変形地ならではの合理的な形と架構を追い求めた」 とのこと。 キッチンに関してはその合理性を考えられており、やはり光を多く取り込むため、 天窓からも光をキッチンなど奥まったところに当てることにより、 狭苦しさを開放しています。 小さなスペースであったりノーマルな設計では当てはめられない土地や建物にも、 取り入れられる工夫があり、似合ったデザインがあるのだ、ということを教えてくれる建築です。

こんなにキッチンはシンプルになれる!

鈴木賢建築設計事務所/SATOSHI SUZUKI ARCHITECT OFFICEによるこちらのキッチンは、こんなにキッチンはシンプルになれるのか!と驚くほど コンパクトなキッチンに仕上がっており、 コンクリート打放しの壁に囲まれた、全体として非常にモダンに仕上がっているこの家ですが その雰囲気に合わせるようにモダンでスタイリッシュです。 キッチンのコンパクトさに関してこういった記事もありますので合わせてご紹介したいと思います。 キッチンの新しいカタチ。ユニバーサルデザイン&移動式キッチン (撮影:株式会社 エスエス企画)

「広く感じる」という実現

塚本雅久建築設計事務所のこちらのキッチンに差しあたって、一つのご提案をしたいと思います。 もしこの写真の右四分の一がなかったら、このキッチンは狭く感じてしまうでしょう。 ですが、キッチンとダイニングの壁をはらっている、この設計によって 開放的なキッチンを実現しているのです。 新しくスペースをとったわけではありませんが、 この「壁をとってみる」などのいくつかの方法によって 「広く感じる」という実現は可能であることがわかります。

【キッチンについては、こちらの記事でも紹介しています】

対面式キッチンvs壁付きキッチン 

キッチンを使いやすくするために押さえておきたい6つのこと

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

VIO 302 - Terrasse:  Terrasse von FingerHaus GmbH

Sie suchen einen Architekten? Schreiben Sie uns! Wir helfen Ihnen gerne.

Kostenlos beraten lassen

Nach passenden Wohnideen stöbern