好感度が上がる平屋のデザイン

好感度が上がる平屋のデザイン

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

平屋と漢字で書くとどうしても昔からある和風の高さのない家を想像してしまいがちです。そのため最近はフラットハウスということもあるそうです。カタカナで書くと少しだけイメージが変わりますか?実際に現代の生活様式に柔軟にこたえてくれる平屋もたくさんあります。では、今回はもう少しこの平屋のイメージを変えてくれるような家を見ていくことにしましょう。

天井高をたっぷりとった平屋

こちらの家、… 2階建ての様ですが、実はワンルーム形式の平屋建て住宅です。玄関を入ると天井高をたっぷりと取ったLDKにつながります。そして、天井が高いためかなり開放的な空間になりました。居住空間は仕切りをなくしこのLDKを中心に広がっていきます。子供部屋には高さを利用してロフトベッドを造り付けています。そして、将来家族の成長とともに建具での仕切りも可能にしています。この住宅を設計したのはHACO建築設計事務所。このようなデザインだと平屋のイメージが変わりませんか?

コの字型の平屋

こちらの平屋住宅ですがコの字型に平面計画されています。中心に中庭を配して家族の気配を感じながら暮らすことができます。周りが2階建て住宅のためプライバシーの確保に十分考慮したうえで明るく開放的な空間を平屋で実現したのはH建築スタジオ。平屋の良さの一つに、どの部屋からも庭に出られることが挙げられますがこちらの住宅も庭からの溢れるばかりの光と風を取り入れながら、安心して生活できるようになっています。台形の箱が重なり合ったような外観も今までの平屋のイメージを変えてくれます。

曲線のある平屋デザイン

ドイツの印象的なフォームの平屋をご紹介します。曲線だけではなく直線もミックスした独特な外観です。木材を縦に連続させることによってこのような形が可能になりました。ちょっと変わった形の割には周りの自然に溶け込んでるのが不思議ですね。内部はリビングルームを中心に部屋がつながっていきますが、木をたっぷり使った空間はとても居心地がよさそうです。内装の仕上げにも木材を縦に連続させて使っていますが、模様として見える節が単調になりやすい部屋に趣を作っています。

豊かな時間を表現する平屋

既存の倉をUの字で囲むように計画された二世帯住宅です。この配置のおかげで二世帯の視線が程よく交わり、お互いが気持ちよく住める空間を作りあげています。居住空間には
いたる所から光が入り込みますが、特に、家の形に沿うように高い位置に設けられた窓から入る光が柔らかい空気感を醸し出します。家の内からも外からも感じられるUの字のフォームがゆっくりと流れる豊かな時間を表現しているようです。

写真: 淺川敏

自然に溶け込む平屋のデザイン

印象的な軒の深い三角形の屋根を持つこちらの平屋には2世帯、家族5人が暮らしています。そして、自然に溶け込むように建物のボリュームを抑えた計画になっています。ダイニングキッチンには土間が設けられて庭と一体感を作り、暮らしの中で使い方のアイデアが広がります。写真では見えませんが家の側面には大きな開口をとっています。そのため日中は家の中が明るいのはもちろんのこと、夜間は部屋に明かりがともされると、まるで自然の中に置かれた大きなランプのようにも見えます。

写真:imagegram inc

広い敷地に建つ平屋

広い敷地に建つコンクリート打ちっぱなし仕上げの建物は一見美術館のようにも思えます。周辺の景観を考慮し、パブリックとプライベートのどの空間からも庭園を眺められるようにというオーナーの要望に応えて設計したのは依田英和建築設計舎。広い空間に庭園の景色を組み込ませて贅沢な時間を過ごせる空間を作りました。直線の多いこの住宅で写真のダイニングキッチンの緩やかなカーブがとても美しく中庭に調和しています。

写真: 大木宏之

床レベルに段差のある平屋

こちらの平屋住宅は敷地を活かして床レベルに段差があります。そのレベルの差が居住空間に奥行きと広がりを作り、平屋のメリットを最大限に引きだした空間になっています。外観からは見る限り閉ざされている住宅に思えますが、中庭からの光を各部屋に取り込み、中からは開放的な空間が体感できます。白い外観と最小限に配された開口部のデザインに設計者のこだわりを感じます。

モダンな平屋のデザイン

整然と並んだコンクリートの柱が美しいこちらの平屋建て住宅ですが、内装は木材をふんだんに使った仕上げになっています。木を使っているからと言ってカントリー調になるのではなく、そこは外観と統一を持たせモダンなデザインでまとめられています。大きくとった間取りも平屋の良さを後押ししています。この空間では大きなサイズの家具もゆったり調和することができ、気持ちよく過ごせる空間を作っています。

シンプルな平屋のデザイン

こちらの住宅は家の長手方向に大きなテラスを設けました。そしてそのテラスにどの部屋からも出ることができて、いつでも庭を思う存分楽しむことができます。リビングには薪ストーブもあり、自然と共存していく演出も欠かしていません。家の形としては究極にシンプルですが、長い年月ここに住むことを考えた快適な暮らしのための平屋と言っていいでしょう。

高齢者のための平屋デザイン

高齢者だけの生活というものは若くて元気な人たちにとっては想像がつかないものでしょう。横への移動だけではなく縦への移動が加わる生活というのはとても困難なことになります。やはりバリアフリーの生活を考えたとき考えられるのはワンフロアーでのコンパクトな暮らしでしょう。その点、平屋建ての住宅というのは、これからももっと価値が出てくるに違いありません。こちらの住宅もこれから老後を迎えられるご夫婦のために建てられました。訪ねてきてくれた人たちの場所も確保しつつ緩やかな生活動線が望める空間になっています。プライバシーの守られた中庭を中心に、安心して暮らしていけるようにこの住宅を設計したのは三浦尚人建築設計工房です。

VIO 302 - Schöner Wohnen, schöner Sparen:  Terrasse von FingerHaus GmbH

Sie brauchen Hilfe bei Ihrem aktuellen Projekt?

Schreiben Sie uns!

Sie brauchen Hilfe bei Ihrem aktuellen Projekt?

Schreiben Sie uns!

Kostenlos beraten lassen

Nach passenden Wohnideen stöbern