広い敷地に建つ二世帯家族のための二棟の住宅 | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3644:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

広い敷地に建つ二世帯家族のための二棟の住宅

Kanako.K Kanako.K
von 株式会社 藤本高志建築設計事務所
Loading admin actions …

多世帯家族が一つの敷地に住まう形は様々ありますが、敷地や予算のバランスによっては住戸を分離させながらも一つの敷地に収まるようなスタイルは家族ながらもしっかりとした距離感を保てるという魅力がありますよね。ご紹介するのは、まさにゆったりとした敷地内に二世帯が暮らすちょうどいい距離感と安心感のある住まいです。藤本高志建築設計事務所が手がけたこちらの「夙川の家」は、息子(弟)夫婦と、母と息子(兄)が、一つの敷地に共用の門とエントランスを持つ完全分離タイプの住宅となっています。ホワイトカラーで統一された一体感のある外観と周囲の建物に馴染むようなフォルムが環境に溶け込んでいます。

ホワイトカラーでシンプルな外観

敷地があるのは兵庫県西宮市内、駅からほど近いロケーションにあります。接道から見る本住宅の外観は、車4台が駐車できるほどのゆったりとしたスペースの脇に続くホワイトカラー一色のシンプルな共有門が印象的。駅から近いロケーションとあって、人の目線高さには住人の気配を感じさせないプライバシー性やセキュリティ面にも優れたデザインですよね。

広い敷地に並ぶ二棟の住宅

共有門を抜けると、統一感のあるデザインに包まれた二棟の住宅とその間には中庭があり家族のためのパブリックなスペースが広がっています。奥の建物は、車が建物の傍までつけられるようになっており、機能性が考えられています。門を一つ抜ければ、互いの建物はちょっぴりオープンに、そして程よい距離感を保って配置されているようです。

生活感がありながらもスッキリとまとまりを感じるインテリア

インテリアはホワイトカラーを基調に、ダークブラウンの木フローリングが心地のいいコントラストを生むメリハリあるスッキリとした住空間に。ダイニングスペースには開口から差しこむ太陽の日差しが温かく気持ちのいい空間を演出しています。コーナー型のウィンドウは一日を通して太陽の日の移ろいを感じることが出来ます。

リビングの大開口に広がるプライベートな中庭

別棟のダイニングスペースもどこか統一感を感じるインテリアデザインに。中庭に向かって開いたワイドでダイナミックな開口は、日中はカーテンをしなくとも、外部からの視線を感じることはありません。敷地内を行き交う家族の姿や、中庭で遊ぶ子どもたち、家族みんなが揃って過ごせるような屋外スペースを一望できる眺めを愉しむことが出来ます。高齢の家族にとっても、外へ出ることなく同じ時間を共有できるような安心感がありますよね。

家族を身近に感じながらゆったり住まう

しっとりと寛げるプライベートスペースは太陽の日差しが心地よく感じられる明るい空間です。一つの敷地に多世帯で住まうとどこか窮屈感やプライベートな空間の確保が難しかったりしますが、方法によっては家族が同じ敷地に住まうことに大きなメリットを感じれる住宅プランもあります。統一感あるデザインによって、家族の形が変わって住宅間を移動しても見慣れたインテリアにまた一つ安心感が持てますよね。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

VIO 302 - Terrasse Moderner Balkon, Veranda & Terrasse von FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) Modern

Benötigen Sie Hilfe mit einem Projekt?
Beschreiben Sie Ihr Projekt und wir finden den richtigen Experten für Sie!

Nach passenden Wohnideen stöbern