光と風が心地よい空間を生み出す中庭のある家
ausgefallener Garten von 有島忠男設計工房

光と風が心地よい空間を生み出す中庭のある家

光と風が心地よい空間を生み出す中庭のある家

Michi Koba Michi Koba
Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

クライアントと梅の木が植えられた土地との出会いからスタートしたこちらの住まい。十数本もの梅の木が植えられた敷地で、その梅の木を残しつつ家を建てることがクライアントの要望でした。そこで有島忠男設計工房が計画したのは、その土地の記憶を継承しつつ、中庭によってプライベートと開放感を両立させた明るく風通しの良い住まい。では詳しく見て行くことにしましょう。

​異素材の組み合わせで魅せる外観

敷地は福岡市郊外の住宅地の一角にあり、南側が道路に面しています。こちら東側にはアプローチおよび玄関があります。平屋と2階建ての二つのボリュームが組み合わさったような特徴的な外観です。平屋部分は銀色のガルバリウム鋼板と無垢の木の外壁、2階建て部分のは真っ白に塗装された外壁となっています。異なる素材を用いつつも、まとまりのあるモダンな佇まいです。

​木製格子のある南側ファサード

こちらは南側道路面。この家の顔とも言える庭が道路に向かって開かれています。木製の格子は引き戸になっていて開閉が自由自在。格子の開き具合によって空間がさまざまに変化します。完全に閉じれば庭はプライバシーの保たれたプライベートな中庭となり、防犯面はもちろん、周囲の視線を気にせずに時間を過ごすことができます。

​格子から光が漏れる夕景

夕景、格子を閉じた際の様子です。室内のあたたかな光が外へとあふれ出し、夕闇を柔らかに照らします。

​梅の木が存在感を示す中庭

格子を開放すると、まるで違う建物のように雰囲気がガラッと変わりますね。中庭でその存在感を示す梅の木を回廊と建物が取り囲みます。中庭に面して開かれた室内空間は、明るく風通しの良い気持ちの良いスペースとなります。

​日当たりの良い和みの空間

梅の木越しにリビングダイニングを望みます。中庭のウッドデッキは、早春に美しい花を咲かせる梅の木を楽しめる特等席です。また天気の良い日には窓を開放してリビングダイニングと一体的に使用することもできます。日当たりが良く、開放的で居心地の良いこの屋外空間が、日々の暮らしをより豊かにしてくれることでしょう。

​明るく開放的なリビングダイニング

リビング・ダイニングは、大きな窓から吹き抜けを通してたっぷりと陽が降り注ぐ、明るく開放的な空間。柱や梁、無垢フローリングなど小国杉をふんだんに用いたナチュラルで温かみのあるインテリアも魅力的です。また奥には小上がりになった6畳の和室が配されています。ほっと落ち着ける和の空間が嬉しいですね。

吹き抜けがもたらす空間のつながり

吹き抜け上部にはキャットウォークが配されています。右手の杉板張り部分には子供たちの机、そしてさらにその奥は子供部屋となっています。吹き抜けを通して上下階につながりが生まれると同時に、より開放的で広がりのある空間が実現しています。

VIO 302 - Schöner Wohnen, schöner Sparen:  Terrasse von FingerHaus GmbH

Sie brauchen Hilfe bei Ihrem aktuellen Projekt?

Schreiben Sie uns!

Sie brauchen Hilfe bei Ihrem aktuellen Projekt?

Schreiben Sie uns!

Kostenlos beraten lassen

Nach passenden Wohnideen stöbern